ベビーラックの長時間使用はNG?

ベビーラックの長時間使用はNG?

ベビーラックの長時間使用はNG? 赤ちゃんの寝かしつけの時にも利用できるベビーラックですが、実は推奨されている使用時間があります。だから、長時間の利用は決して推奨されているわけではありません。
メーカーによっても差はありますが、ベビーラックの使用時間はだいたい1日3時間から4時間程度となっています。したがって、それ以上の利用は推奨されているわけではないので、あまり使いすぎない方が無難です。たしかに赤ちゃん自体はベビーラックのお陰で包み込まれているような状態で落ち着いて過ごすことができます。しかし包み込む構造という事は、赤ちゃん自身がその中で寝返りをうつなど自分で好きなように動けるわけではありません。自由に動ける時間を減らしてしまうことにつながる可能性があるので、長時間使用は避けます。夜間の場合はそのまま朝まで寝かせてしまうこともあるかもしれませんが、寝かしつけ用のアイテムなのでそこで寝かせ続ける目的で用意されているわけではありません。そのため、深い眠りに入ったら布団などに移動させるようにします。

子どもの成長に悪影響を与えないようにする

子どもの成長に悪影響を与えないようにする 赤ちゃんの寝かしつけや一時的な置き場に重宝するベビーラックですが、使用方法によっては赤ちゃんに悪影響を与えてしまうことがあります。
まずは長時間ベビーラックで寝かせることですが、その中の形状はまるで抱っこをされているように包まれている気分を赤ちゃんに与え、非常に居心地が良いものです。しかし、包まれているということは身動きが取りづらいことにもつながります。寝返りがうてない赤ちゃんといえど動きをあまりに制限してしまうことは健全な成長に悪影響を与えてしまいかねません。またずっと同じ姿勢で寝そべっていると、その形状から熱がこもりやすいこともあり、あせもやムレ、かぶれの原因にもなります。昼間に楽だからとずっと寝かしていたり、夜の間もそのまま寝かしておくなど長時間の使用は控えるように(推奨としては一日3~4時間程度)、ベビーラックがムレやすい状況であれば、赤ちゃんを抱っこしてラック内の熱を逃がしておくことも大切です。

新着情報

◎2024/03/15

情報を更新しました。
>離乳食を食べるときのおすすめベビーラック選び
>手動と電動、育児を支える二種類のベビーラック
>「ベビーラック」が活躍するシーンとは?使い勝手を探る
>ベビーラックの使用は何歳頃まで適しているのか
>電動ベビーラックの魅力とは?様々なメリットをご紹介

◎2023/05/16

情報を更新しました。
>ベビーラックの収納スペースが育児に与える影響
>ベビーラックを使う際に気を付けるべき怪我の予防策
>ベビーラックの軽量化によるメリットについて
>ベビーラックの中古価格の相場はどれくらい?
>ベビーラックをコンパクトに収納する方法について

◎2022/7/29

情報を追加しました。


>ベビーラックはシートの丸洗いが行えるものがおすすめ
>省スペースで使える折りたたみ式ベビーラック
>ベビーラックはコンパクトで場所を取らないので便利
>新生児から使えるベビーラックの利便性について
>使わない時にはロックできるベビーラックがおすすめ

◎2020/3/11

色々なタイプのあるベビーラック
の情報を更新しました。

◎2020/1/23

ベビーラックで寝かしつけ
の情報を更新しました。

◎2019/12/2

成長に合わせて使えるベッド
の情報を更新しました。

◎2019/9/26

電動で動きを付けるものも
の情報を更新しました。

◎2019/7/23

ベビーラックの長時間使用はNG?
の情報を更新しました。

◎2019/5/31

サイト公開しました

「赤ちゃん 成長」
に関連するツイート
Twitter

娘がどんどん成長していて、本当に周りをよくみていて。私のこともよくみていて。 シャキッとしないといけないなー。 でも成長していても、まだまだ赤ちゃんに毛が生えたかの様な部分もある。 つい厳しくしてしまいがち、期待してしまいがちだから、反省。

返信先:やるしかないんだから、赤ちゃんが彼を成長させてくれるよ。

ついに弟も寝返り練習するようになった🥰兄の方が少し早くから寝返り練習してて、後少しってところ🤏弟はうつ伏せ練習で頭も上がらない状態だったのに、ここ2日で急成長を遂げた😌2人の成長は嬉しいけど赤ちゃんじゃなくなっちゃうの寂しいよ😞

あと、XTRA XTRAの時はまだ赤ちゃんだったユイちゃんが立派に成長してて…おばはんはアータが映るたびにスタオベ👏😭

自分とは、意識した時に初めて現れる自我だ 赤ちゃんには自我も自分もないため皆似たような反応をする 赤ちゃん同士の意識は違いがほとんどないために深く共鳴するだろう 人間は肉体的には成長し続けるが、意識しなければ霊性は下がり続ける 自我が抵抗することをやめてみること これによって変革する